北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

400キロ?複数? 特注わなで巨大クマ捕獲へ 標茶町で3頭駆除も…まだ家畜被害 北海道

2019年9月5日16:22
 北海道内でクマによる家畜の被害が相次いでいますが、8月、乳牛が被害にあった標茶町で、これまでに3頭のクマが駆除されていたことが分かりました。

 駆除された後も乳牛の被害は続いていて、ほかにも体重400キロクラスの巨大なクマが複数いる可能性があるため、町では特注の箱わなを作るなど対応に追われています。

 目撃者:「車で走っていて、道路に大きい黒い岩があるなと、近づいて行ったら、ものすごく大きいクマ」

 22頭の乳牛が襲われた標茶町。これまでに付近で3頭が駆除されましたが、その後も乳牛の被害が続いています。

 広い範囲で18センチほどの大きな足跡が見つかっていて、体重400キロクラスの巨大なクマが複数いる可能性があります。

 箱わなの鉄筋が曲げられたこともあり、町では急きょ、通常より大きな箱わなを作るなど対応に追われています。

 畠山鉄工所 畠山雅之社長:「初めてですね。今回は大きいというので補強は強めにしました」

 道猟友会 標茶支部 後藤勲支部長:「基幹産業の牛がこれだけ被害に遭う大変な災害。長期戦になる」

直近のニュース