北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

上空から見た厚真町に「力強さ感じる」 6日で1年 今も復旧作業続く 北海道

2019年9月5日17:57
 胆振東部地震から6日で1年となります。

 37人の犠牲者を出し、最も被害が大きかった厚真町の復興の様子を八木隆太郎キャスターが空から取材してきました。

 厚真町上空です。吉野地区では19人の方が亡くなりました。

 道路の土砂は撤去されましたが、山の斜面は危険な状態、復旧作業が続いています。

 ご覧のように山鼻のエリアには重機が入っていまして、斜面の舗装作業が行われています。

 大型のトラックが行き来しています。どれだけ大量の土砂が流れ込んだのでしょうか。

 あたり一帯きれいな黄金色に染まった稲穂が、厚真町のこのエリアを覆っています。しかしその奥には、未だ土砂崩れの現場が広がっています。

 復旧作業とともに、前へ前へと進んでいる厚真町の力強さ、そういったものが上空から見受けられます。

直近のニュース