北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

厚真町 地震発生同時刻に鎮魂の祈り 「しっかり立ち上がっていく」震度7から1年 北海道

2019年9月6日12:12
 44人の犠牲者を出した北海道胆振東部地震から6日で1年です。厚真町では震度7の揺れにより土砂崩れが発生し、多くの命が奪われました。

 八木隆太郎キャスター:「厚真町吉野地区では現在、斜面の補強作業が行われていますが、まだまだ時間がかかりそうな印象です。現場には献花台が設けられています」

 北海道胆振東部地震では厚真町で震度7、安平町・むかわ町で震度6強を観測しました。

 厚真町では大規模な土砂崩れが発生し関連死も含めて37人が死亡、道内全体では44人が死亡しました。

 また、ほぼ道内全域が停電するブラックアウトにも見舞われました。

 震災から1年となる6日、厚真町役場では地震発生時刻の午前3時すぎに、犠牲者の数と同じ37本のろうそくを灯し祈りを捧げました。

 宮坂尚市朗町長:「これまで厚意を寄せて頂いた多くの国民の皆さんに、しっかりと我々の立ち上がっていく姿をお見せてお返ししたいと思います」

直近のニュース