北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 9/6(金)】台風接近も大荒れ回避か でも秋雨前線で今夜は雷雨

2019年9月6日12:25
 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 台風13号、15号はどちらも北海道を逸れて進む見込みで、道内で大荒れとなる可能性は低くなっています。

 一方で気を付けたいのが秋雨前線です。南からの非常に湿った空気が流れ込むことで前線がかなり活発になるおそれがあります。

◆6日午後からの雨の予想
 この後は上川でやや強く降り、南西部も広く雨でしょう。そして夜になると細長く伸びる活発な雨雲がかかり道央で土砂降りとなりそうです。この雨雲はあす未明にかけて道東へと進む見込みです。今夜は低い土地の浸水や落雷などに注意が必要です。

◆6日午後の天気と予想気温
 いま晴れている地域でも天気は下り坂です。旭川は3時ごろ、北見や釧路でも5時ごろから雨が降るでしょう。道央や十勝では、夜は局地的に雷雨となる見込みです。

 気温です。きょうも25℃前後まで上がるでしょう。きのうとあまり変わりませんが、湿度が上がって蒸し暑く感じられそうです。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは日本海側を中心ににわか雨があるでしょう。日曜日は日差しが戻り、気温がかなり高くなります。札幌と北見は32℃、旭川は34℃まで上がり内陸では猛暑日となるところもありそうです。熱中症や食中毒に注意が必要です。

 太平洋側です。あすの道東の雨は昼過ぎには止むでしょう。月曜日の予報は雨に変わるかもしれません。来週中ごろは晴れてもあまり気温が上がらず、秋を感じられる陽気となりそうです。

直近のニュース