北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

世界中の高校生が議論 札幌で「津波サミット」開幕 奥尻からも参加

2019年9月10日12:06
 世界中の高校生が津波や防災について学ぶ「世界津波の日」高校生サミットが10日札幌で開幕しました。

 日本と海外の高校生が津波対策を話し合う「世界津波の日」高校生サミット。

 道内で開かれるのは初めてで、世界43か国の高校生と日本の高校生あわせて約500人が参加しています。

 海外からの参加者は事前に奥尻島で南西沖地震の被害を学んでいて、10日のサミットで津波対策を討論します。

 奥尻高校の参加者:「頑張って話し合いに参加して、防災意識を高めたい」
 タイからの参加者:「他の国の人たちと津波について話し合うことができるので楽しみ」

 このサミットは11日まで行われ、討論の報告をもって閉幕します。

直近のニュース