北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

「高齢運転者対策が喫緊の課題!」北海道警が支援室設置で事故防止を図る 北海道

2019年10月2日12:20
 高齢ドライバーの交通事故防止などに特化した「高齢運転者支援室」が、10月から道警に新設され2日、発足式が行われました。

 10月、道警が立ち上げた「高齢運転者支援室」は、高齢者による交通事故防止や、運転免許証の自主返納を促すためのもので、札幌市の運転免許センターに置かれました。

 支援室では、今後全道で高齢者を対象とした講習会を開催するなどして、交通安全を図っていきたいとしています。

 北海道警 高倉孝司交通部長:「今後10年で13万人の増加が予想され、高齢運転者の対策が喫緊の課題です」

 今年に入り、高齢ドライバーによる事故で道内では36人が死亡し、去年より7人多くなっています。

直近のニュース