北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 10/8(火)】今夜から日本海側は暴風雨 停電や交通機関の乱れに注意

2019年10月8日12:15
 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 きょうは広い範囲で雨が降っていて、正午では日高や十勝でやや雨の降り方が強まっています。このあと夕方にかけては道東を中心に雨・風が強まります。横殴りの雨となるので、雨合羽や長靴がおすすめです。

 さらに、今夜は次第に西風が強まります。特に日本海側では、あす昼過ぎにかけて暴風となる予想で警戒が必要です。停電や交通機関の乱れなどにも注意をしてください。ピーク時間は道央があす6時から12時。通勤時間も暴風が吹きそうです。

◆8日午後の天気と予想気温
 日本海側の雨はいったん止むところが多くなります。ただ、今夜からあすは、暴風に加えて大気の状態が非常に不安定になります。竜巻や落雷などにも注意をしてください。

 予想最高気温です。気温が上がらず、空気はひんやりします。風の通しにくい防水のきいた服がおすすめです。

◆台風19号の進路予想
 現在は、中心気圧が915hPaで猛烈な勢力となっています。北海道へは13日ごろに最も近づく予想です。今のところ、北海道の南を通る可能性が高くなっています。

◆週間予報
 木曜日から金曜日は広い範囲で晴れます。台風は日曜日に最も近づく予想です。動き次第では大荒れとなる可能性があります。また月曜日は、道北の平地でも雪の降る可能性があります。

直近のニュース