北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 10/9(水)】暴風・高波は昼過ぎまで警戒 冷たい風で気温上がらず

2019年10月9日12:11
 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 こちらは、今の稚内の様子です。低い雲に覆われ雨も降っているようです

 現在、発表されている警報です。暴風警報が稚内市と石狩市、さらに胆振・日高の一部に発表されています。

 また、波浪警報が石狩市から松前町にかけて発表されています。最大8メートルの大しけです。海には近づかないようにしてください。

◆9日午後の天気と予想気温
 次第に風は弱まりますが、暴風と高波はあと2,3時間は警戒が必要です。雨は次第に止むところが多くなります。

 予想最高気温です。冷たい風が吹いて気温が上がりません。旭川と富良野は14℃。札幌も18℃と、20℃に届くところはなさそうです。

◆台風19号 最新の進路予想
 本州には非常に強い勢力で接近します。千葉に被害をもたらした台風15号より、大型のため、影響は広範囲に及ぶ可能性があります。

 13日日曜日に温帯低気圧に変わりながら北海道の南を通過する予想です。

 台風に向かって、冷たい北風が強まり気温が急降下します。日曜日と月曜日は、中山峠や道北の平地でも雪の降る可能性があります。週末は路面状況にも注意が必要です。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。けさは三国峠では、雪が降りました。あすの朝は路面の凍結にご注意ください。台風の動き次第で日曜日は、雨・風が強まる可能性があります。

 大平洋側です。日曜日は特に道東で大荒れとなる可能性があります。

直近のニュース