ハロウィンジャンボUHB

<総選挙> 北海道11区 女性三つ巴の戦い "元代議士の妻"の戦いか 共産は「裏切りだ」

2017年10月2日19:21
 もう一つ、注目選挙区となりそうなのが、十勝地方などの北海道11区です。出馬を予定している3人全員が女性で、早くも激しい"前哨戦"が始まっています。

 民進党 石川香織さん:「無所属か希望の党かと言われると、無所属は厳しいと思います」

 石川香織さん。十勝地方の北海道11区で民進党から出馬を決めましたが、やはり、党の合流で混乱しています。

 公民権停止中の夫、知裕氏に代わって出馬する石川さん。解散前から十勝地方を駆け回り、知名度の向上を目指しています。

 民進党 石川香織さん:「やっぱりまだまだ名前と顔が一致していないので、一人でも多くの人に握手させてもらいたいと思って、必死に走っています」

 3歳の男の子と1歳の女の子の母親でもある石川さん。家を空ける時間が多くなりますが、"主夫"のサポートで乗り切ります。

 石川知裕さん:「(ママは)幼稚園送ったりするけどね。幼稚園、これからパパが送ったりするからね」

 対立候補の中川郁子さんとは元代議士の妻で、同じ大学出身という因縁めいた対決に…。

 支持者:「応援するから」

 民進党 石川香織氏:「聖心女子大の大先輩が…」

 支持者:「向こうも聖心女子なんだけどさ、絶対聖心女子の票を分けるから、今までは全部、中川さんだったの」

 自民党公認 中川郁子さん:「自民党は一丸となって、東アジアの平和と安定、国家国民を守り抜く地域の安定を守り抜く」

 陸上自衛隊第5旅団で安全保障について訴える自民党の前職・中川郁子さん。

 今回の選挙では、弾道ミサイルの発射や水爆実験を繰り返す北朝鮮への対応をはじめ、安全保障が争点だとします。

 自民党公認 中川郁子さん:「よく"平和がなければ希望も生まれません"、"平和がなければ夢も語れません"と、色んな所で申し上げていますけど」

 2016年8月、北海道十勝地方を襲った台風の被災地を、くまなく回った中川さん。

 安倍首相や政権幹部に訴えて、激甚災害の指定につなげた与党議員としての実績を強調します。揺れる野党共闘については…。

 自民党公認 中川郁子氏:「選挙が終わったら、野党はきっと一緒になる。一緒になっても、離れて離合集散する歴史を繰り返さないように、しっかり自民党が議席を確保する」

 共産党公認 佐々木とし子氏:「憲法に自衛隊が書き込まれるということは憲法9条の2項、戦力不保持、これを死文化することになります」

 一方で「憲法9条を守る」と、力強く訴える共産党の新人・佐々木とし子さんです。民進党と野党共闘が実現すれば、出馬を取り下げるはずでした。

 小池新党と合流した民進党には"裏切り行為"だとして、小選挙区での対決姿勢を鮮明にしています。

 共産党公認 佐々木とし子さん:「今まで野党共闘の要が、安保法制と立憲主義だからそこが関係ない、ダメという新党に合流し、(民進党が)自分たちの公認候補を出さないなんて論外」

直近のニュース