めざましじゃんけんWキャンペーン

52歳弟 55歳兄の腹部 包丁で刺す殺人未遂 弟を現行犯逮捕 犯行当時 酒に酔っていた 北海道函館市

2017年12月14日17:30
 12月14日午前、北海道函館市で52歳の弟が、55歳の兄を包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで弟が現行犯逮捕されました。

 三宅真人記者:「事件があったのは住宅街の一角、男が凶行に及んだのは居間だったということです」

 逮捕されたのは、函館市の無職、佐藤正之容疑者(52)です。

 佐藤容疑者は、14日午前11時ごろ、函館市万代町にある兄(55)の自宅で、兄の腹部を包丁で刺した殺人未遂の疑いが持たれています。

 包丁は刃渡り約30センチで、兄は重傷です。

 調べに対し佐藤容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。

 近所に住む人:「怒鳴り声が聞こえていた。しょっちゅう(いつも)パトカー来ていたから、何だろうと思っていた。"何か起きるんじゃないか"って思っていた」

 警察等によりますと、2人は酒に酔っていたということで、動機などを詳しく調べています。

直近のニュース