ハロウィンジャンボUHB

<総選挙>公示カウントダウン 北海道は"野党共闘"成立 自民候補「厳しい戦いに」

2017年10月5日19:01
 衆院選公示まであと5日、北海道内の対決の構図がほぼ固まりました。

 立憲民主党と共産党、社民党は10月5日、政策協定を結び、候補を一本化することで合意しました。

 立憲民主党・荒井聡前衆議院議員:「立憲主義を重んじる政治勢力が、結集することが日本には必要だ」

 共産党北海道委員会 青山慶二委員長:「改憲勢力を半数以下に追い込もうではありませんか」

 札幌市北区で、5日午後2時から行われた調印式で、立憲民主党と共産党、社民党は安保法制と共謀罪の廃止や、憲法9条の改定反対を盛り込んだ協定書に署名しました。

 また選挙協力でも合意し、北海道の12選挙区、全てに統一候補を擁立します。

 共産党は、立候補を予定していた北海道1区と3区、4区などで候補者を取り下げます。

 一方、希望の党が候補を立てる北海道2区と9区、12区のほか、民主党の候補がいない7区は、共産党の候補が統一候補として、与党や希望の党などと争うことになります。

 野党共闘が成立したことに候補者たちは。

 立憲民主党・佐々木隆博前衆議院議員:「説明が難しいが、勝たないとダメ」

 自民党・長谷川岳参議院議員「非常に厳しい選挙になると思う。自民党が政権与党として、丁寧な選挙戦をするにつきる」

 一方、注目のこの人は…。

 新党大地 鈴木宗男代表:「私自身にとっても、大きな人生の節目の戦い」

 10月5日、札幌市中央区で開かれた選対事務所開きで、出馬を正式に表明するとみられていた、新党大地の鈴木宗男代表。

 10月5日も正式表明はなく、持ち越しとなりました。

 記者:「Q 埋没する不安はないか? 」

 新党大地 鈴木宗男代表:「全く心配していない。新党大地、鈴木宗男は、きのう、きょうできたわけではない。13年間の積み上げは、確実に増えている。北海道の皆さんは理解してくれていると思っている」

直近のニュース