ハロウィンジャンボUHB

組織的な犯行か!? 新たに3人の中学生がコンパニオンとして酒席に 別の従業員が面接 北海道札幌市

2017年10月6日12:00
 女子中学生8人をコンパニオンとして宴会で働かせたとして、札幌市の会社役員の女が逮捕された事件で、酒席で接客していた中学生が、他にも3人いたことが分かりました。

 10月4日、児童福祉法違反の疑いで逮捕された札幌市中央区の会社役員、齋藤美紀容疑者(42)は、札幌市の派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」の採用担当として、2017年1月から8月まで、札幌市などの女子中学生8人を、札幌市のホテル8か所の宴会で、延べ24回働かせた疑いが持たれています。

 警察のその後の調べで、コンパニオンとして働かせていた中学生が、他にも3人いることが分かりました。

 このうち2人は、別の従業員が面接し、当時13~14歳で最大10回は接客に出ていたということです。

 警察は近く会社を書類送検し、組織的に中学生を雇用していたかどうか調べる方針です。

直近のニュース