ハロウィンジャンボUHB

ファイターズ新球場、第4の候補地に真駒内案浮上

2017年10月8日12:00
北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想で、札幌市の北海道立真駒内公園が候補地の一つとして浮上していることが分かりました。

候補地の一つとして浮上したのは、札幌市南区の北海道立真駒内公園です。

日本ハムファイターズが目指す、新球場を核としたボールパーク構想は、球場の他、周辺に商業施設などを建設するもので、目安として約20ヘクタールの敷地が必要になります。

これまで、北海道北広島市のきたひろしま総合運動公園の予定地のほか、札幌市の旧月寒ドーム周辺と北海道大学構内の2か所が検討されていますが、アクセスや広さに課題があります。
 
真駒内公園は約85ヘクタールの広さがあり、今後、第4の候補地として検討に向けた調整に入るとみられます。

直近のニュース