ハロウィンジャンボUHB

衆院選公示 北海道は"最少"30人立候補へ 12選挙区うち7つ "与野党一騎打ち"か

2017年10月10日12:16
 第48回衆院選が10月10日、公示されました。北海道ではこれまでに、12の小選挙区に30人が立候補を届け出ています。

 札幌市中央区などの北海道1区です。2人が立候補しています。

 自民・前 船橋利実候補:「自民党の行き過ぎた行動をいましめ、国民が求めるものを実行できる政党に、作り替えていく力になる」

 立民・新 道下大樹候補:「私は、安倍政治そのものが、国難であると強く訴える」

 札幌市北区などの北海道2区です。4人が立候補しています。

 希望・前 松木謙公候補:「これからは、子どもを産み、育てることを容易にする。そういう政策を、どんどん打っていく」

 維新・新 小和田康文候補:「議員自ら身を切る改革、行政改革、公務員の賃金カット。そこから財源は、十分にひねり出せる」

 共産・新 金倉昌俊候補:「市民と野党の勝利で、安倍政権を退陣に追い込もうではありませんか」

 自民・前 吉川貴盛候補:「私たちは責任を持って、北海道のこの道を、力強く前に進めていく思いでいっぱいです」

 札幌市豊平区などの北海道3区。立憲民主党、自民党の前職の争いです。

 札幌市手稲区などの北海道4区は、立憲民主党の元職、自民党の前職、希望の党の元職の3人が立候補しています。

 札幌市厚別区などの北海道5区です。立憲民主党の新人、諸派の新人、自民党の前職の3人が立候補しています。

 旭川市などの北海道6区です。自民党、立憲民主党の前職の争いです。

 釧路市などの北海道7区です。自民党の前職と共産党の新人の争いです。

 函館市などの北海道8区。無所属の前職、自民党の前職の争いです。

 室蘭市などの北海道9区、希望の党の元職、自民党の前職、共産党の新人の3人の争いです。

 岩見沢市などの北海道10区。公明党の前職に、立憲民主党の新人が挑みます。

 帯広市などの北海道11区です。立憲民主党の新人と自民党前職の2人が立候補しています。

 北見市などの北海道12区です。自民党の前職、希望の党の新人、共産党の新人、計3人が立候補しています。

直近のニュース