ハロウィンジャンボUHB

支笏湖 ヒメマスの水揚げ始まる

2017年10月12日12:00
 北海道千歳市の支笏湖では繁殖などを目的としたヒメマスの水揚げ作業が10月12日から始まりました。

 支笏湖で行われているヒメマスの水揚げは、繁殖と保護を目的に明治時代から始まり、毎年、この時期に行われています。

 2017年は9月中旬まで水温が高く、10月に入りってから水温が16度以下と適温になったため、ヒメマスがふ化場に戻ってくる可能性が高くなり、12日から水揚げ作業に入りました。

 12日の作業ではオス66匹、メス26匹を水揚げしていて、今後、捕獲したヒメマスから卵を取り出して受精させ、2018年5月から6月に稚魚を支笏湖に放流するということです。

直近のニュース