めざましじゃんけんWキャンペーン

障害者"いない"のに偽装 給付金70万円架空請求 支援事業所指定取り消し 北海道苫小牧市

2017年11月1日19:35
 障害がある児童がいないにも関わらず、給付金を請求していた会社の事業者指定が11月1日、取り消しです。

 指定障害児通所支援事業者の指定を取り消されたのは、北海道苫小牧市で「こどもデイサービスひまわり」を運営している「ピースレイク」です。

 ピースレイクは、「放課後デイサービス」で、障害児童がいないにも関わらず、いるように書類を作成し、不正に給付金を請求していました。

 不正に請求した額は約70万円で、苫小牧市は返還を求める方針です。

直近のニュース