年末ジャンボUHB

パトカーから逃走 炎上3人死傷 連続金庫盗に使われた? 「バール」車内から 札幌市

2017年11月2日19:14
 11月1日夜、札幌市北区でパトカーに追われていた車が街路樹に衝突、炎上し、乗っていた3人が死傷した事故。

 炎上した車内からバールが見つかるなど、事故直前の連続金庫盗難事件との関わりが、明らかになってきました。

 窃盗犯は1件当たり、わずか約3分で金庫を盗み出していたことも分かりました。

 パトカーの追跡を振り切って逃走し、街路樹に衝突、炎上した車。乗っていた3人のうち2人が死亡、10代の男性1人がけがをした事故で、炎上した車は、10月30日以降に、札幌市東区で盗まれていたことが判明しました。

 車内からは、事故の直前に現場近くの2軒のスーパーで金庫が盗まれた事件との関連を強く伺わせる証拠が発見されました。

 田辺桃菜アナウンサー:「焼け焦げた車の中から見つかったのは、これと同じようなバールでした」

 犯行グループは、1か所目のスーパーでは棒のようなもので、正面の出入り口そばのガラスを割って侵入しています。

 真夜中に大きな音を出す大胆な犯行。さらに、犯行に要した時間にも、手際の良さが際立ちます。

 2か所目のスーパーでは、午前1時52分に何者かが侵入したことを伺わせる警報が鳴りました。

 駆け付けた警察官が金庫を乗せて走り去る車を確認したのは、午前1時56分。わずか約4分で金庫を盗み出したものとみられます。

 これに先立つ1か所目のスーパーでの犯行時間は、さらに短いことが分かりました。

 1軒目の警報と2件目の警報の間はわずか8分。この間に金庫を盗み出し、移動したことになります。

 田辺桃菜アナウンサー:「1件目の現場から2件目の現場まで車で移動するのに何分かかるのか、最短ルートで実際に測ってみます」

 2つの店の間の距離は2.6キロ。警報と警報の間の8分から移動時間を引けば、1軒目の犯行時間が割り出せます。

 田辺桃菜アナウンサー:「平日夕方のこの時間帯ですと、約5分かかりました。この事から、約3分で犯行に及んだとみられます」

 2つのスーパーの見取り図です。いずれも金庫があったのは建物の奥にある事務所の中、犯行グループが侵入して金庫を運び出し、車に乗せるまで3分間という"早業"だった計算です。

 事故現場に近い北海道石狩市や当別町では10月22日から同様の事件が4件相次いでいて、手口が似ていることから、警察は関連を調べています。

 被害に遭ったゴルフ場支配人:「(窃盗犯が)センサーが鳴って、フロントの横から事務所に入った。10分しか時間がないから、金庫だけを持っていこうとした」

 10月、正面ゲートを車で破壊され、金庫を盗まれそうになったゴルフ場の支配人も、迷いのない手口が、計画的な犯行ではないかとみています。

 警察は、1日の2つの店についても、計画的に狙われた可能性も含めて、慎重に調べています。

直近のニュース