年末ジャンボUHB

「ニセコエクスプレス」運転最終日 鉄道ファン詰めかける 札幌市

2017年11月4日12:30
 リゾート列車ニセコエクスプレスが、11月4日運転最終日を迎え、鉄道ファンが詰めかける中、札幌駅を発車しました。

 札幌からニセコ方面へのスキー列車として1988年に運転を始めたニセコエクスプレスは、老朽化が進んだことから、きょうが運転最終日となり、札幌駅には鉄道ファンが詰めかけました。

鉄道ファン:「長い間北の大地を走り続けてきたので少し寂しい気持ちが強い」「北海道のリゾート列車の顔見たいもので、なくなるのは寂しいです」

 札幌駅を出発したニセコエクスプレスは、蘭越まで走り、倶知安、ニセコ駅などで、出迎え、お別れのセレモニーが行われることになっていて、最後、午後6時42分に札幌に戻り、29年間の走りに終止符を打ちます。

直近のニュース