年末ジャンボUHB

函館線「軌陸車」トラブル 特急6本運休 JR北海道

2017年11月7日12:00
 11月7日朝、北海道深川駅と滝川駅の間のJR北海道函館線で、JR北海道の作業車が線路から下りられなくなるトラブルがあり、特急6本が運休しました。

 7日午前5時25分ごろ、JR函館線の深川駅と江部乙駅の間で、保守作業を終えた作業車が線路から下りられなくなりました。

 作業車は軌陸車と呼ばれる、鉄道と道路の両方を走ることができるもので、車輪からタイヤへの切り替えができなかったということです。

 7日午前8時前に復旧作業は終わり、運転を再開しましたが、このトラブルで札幌駅と旭川駅を結ぶライラックなど特急6本が運休したほか、最大で2時間20分の遅れが出ました。

 JR北海道は「ご迷惑をおかけし申し訳ありません。こういった事象が無いよう検査を徹底します」とコメントしています。

直近のニュース