めざましじゃんけんWキャンペーン

"凍結" スリップ事故9件も 週末さらにツルツル予報 札幌も激変 "一気に冬景色"か 北海道

2017年11月17日19:00
 正月並みの寒気の影響でいつもの年より早いツルツル路面の出現です。11月17日は雪と寒さで、凍結路面でスリップする冬型の事故が相次ぎました。

 週末は、全道的に荒れた天気となり、11月19日日曜からは、全道各地が更に危険なツルツル路面になる予想です。冬道への準備は急ぐ必要がありそうです。

 路外で横転した1台の車。

 路面はツルツルに凍ってみえます。

 北海道釧路と北見方面を結ぶ釧北峠では、11月16日降った雪が凍結し、正午を過ぎても非常に滑りやすい路面に。

 車は、スピードを落として慎重に通過しています。

 また、倶知安町の国道でも凍結路面でスリップしたワゴン車が道路脇に転落しました。

 11月17日だけで少なくともスリップ事故が9件発生しています。

 ただ、今週末は更に、路面状況が悪化する予報が。

 佐藤涼太気象予報士:「週末は荒れた天気となり、日曜日は道内どこでも、路面がツルツルに滑りそうです」

 低気圧の影響で、11月18日は、一旦気温が上がり日中は、大雨や暴風の荒れた天気となりそうです。

 そして11月18日夜には、真冬並みの寒気が流れ込み一気に1月頃の寒さに。

 大雪や吹雪となり、路面は圧雪、アイスバーン状態に激変しそうです。

 これは2016年12月の札幌市内の様子です。

 札幌は、19日の朝に雪が積もった後、路面はこのようにツルツルに凍る恐れがあります。

 いきなり19日に真冬並みの景色となりそうな札幌市内、冬への準備は間に合っているのでしょうか?

 札幌市内のガソリンスタンドでは、11月17日も冬タイヤへの交換作業が急ピッチで行われていました。

 北海道エネルギー札幌西線SS 嶋田孝治さん:「今週末あたりが(タイヤ交換の)最後になるんじゃないかと思います」

 佐藤涼太気象予報士:「札幌市内では滑り止め用の砂を入れる砂箱の設置が始まっています」

 札幌市によりますと、砂箱は、2016年より52か所増えて、市内の約1200か所に設置される予定です。

 今の段階で、その7割程しか設置は進んでいませんが、19日には、早くも砂が活躍しそうです。

 札幌市も含め北海道は、19日からいきなり1月のようなツルツル路面となる恐れがあり、冬道への備えが必要です。

直近のニュース