めざましじゃんけんWキャンペーン

“いかり”おろしていたが…15メートルの強風で貨物船座礁 乗組員4人ケガなし 北海道・苫小牧市

2017年11月18日12:05
 大荒れの天候に伴う強風の影響で北海道・苫小牧沖では18日朝早く、貨物船が座礁しました。

 座礁したのは大阪の物流会社が所有する貨物船・栄丸です。

 苫小牧海上保安署によりますと、栄丸は18日午前5時前、北海道・苫小牧市の沖合100メートル付近で波消しブロックに乗り上げました。

 栄丸は入港に向けていかりを下ろして停泊していましたが、風と波に流されました。

 当時、海上の風は約15メートルと強めで、波も3メートルほどで高かったということです。

 乗組員4人は全員、救助され、ケガ人はいませんでした。 船内に積み荷はなく、海保は風と波が収まってから船を移動させる予定です。

直近のニュース