めざましじゃんけんWキャンペーン

一気に冬 注目される日本酒 飲むだけじゃない"天然の保湿成分"で化粧水 肌着人気 札幌市

2017年11月21日07:30
 11月18~19日で一気に冬へと季節が進んだ北海道。こんな時は、暖かく、快適に乗り切りたいですよね。

 今、まちでは「日本酒」を使ったアイテムが急増しています。その人気のわけとは。

 一気に冬本番になった北海道。

 11月21日も厳しい寒さが続きそうです。

 こんな時、飲みたくなるのが…日本酒。

 じんわり体が温まりますが、いま日本酒は飲むだけではありません。

 女性のこんな悩みにも…。

 「Q. 冬、気になることは? 」

 「乾燥」「唇、膝など(の乾燥)。お風呂上りに全身に化粧水を塗っている」

 寒さとともに気になる人が増えるのが"肌の乾燥"。

 実はこんな声にも応える、日本酒のアイテムが増えています。

 札幌市内のこちらのドラッグストアでは、化粧水や乳液など、日本酒を使った商品が目に飛び込んできます。

 アイテム数は、2016年の17から2017年は36となり、2倍以上に増えているのです。


 アインズ&トルペ 平野みなみさん:「化粧水やシートマスクが特に人気。幅広い年代の方々に購入してもらっている。男性や、免税(海外)の客から問い合わせもある」

 こちらは老舗の日本酒メーカーが販売しているシリーズ。

 5年前に化粧水を発売して以来、徐々にアイテム数が増え、現在は乳液やパックなど11種類に。

 売り上げも、2016年より約30%アップしました。

 客:「日本酒?すごいおしゃれな香り。しっとりして、これからの季節に良さそう」「この化粧水を持っている。クリームは新しく出たの? すごい"もちもち"」

 菊正宗化粧品事業課 阿曽利彦課長:「江戸時代から、日本酒を薄めて化粧水代わりに使っていた。日本酒と化粧品は切っても切り離せない。(日本酒の)効果は保湿」

 日本酒を使った商品は、化粧品だけではありません。

 なんと肌着にも。

 9月に登場したこの女性用インナーは、生地に日本酒のエキスが練りこまれています。

 日本酒の保湿性に注目したと言います。

 トリンプ・インターナショナル・ジャパン 長谷川景子さん:「日本酒にはアミノ酸が含まれている。アミノ酸が高い保湿性を持ち、吸湿性と保湿発熱性に優れる。しっとりした風合いの温かいインナー」

 どれくらい温かいのか。

 室温20度、湿度60%の部屋で10分着用し、サーモグラフィーで比較してみると…。

 背中部分の表面温度が上がっていることが分かります。

 トリンプ札幌三越 南部恵子さん:「肌触りがとてもしっとり、なめらかで、触っただけで買っていく人も多い。色、サイズによっては品切れになりそうな商品も」

 2016年主力だったインナーと比べ、売り上げも2倍近くになっていて人気は高まっています。

 日本酒の成分は、なぜ保温保湿に効果が感じられるのか。

 皮膚科の医師に聞くと…。

 平岡皮膚科スキンケアクリニック 高橋宏征院長:「人間の体の表面の角質には天然保湿因子がある。天然保湿因子を構成するのが日本酒に含まれているセリン、グリシン、プロニン。その3種類を含め(日本酒には)豊富にアミノ酸が含まれる。(化粧水や肌着として)肌につける事で、天然の保湿因子を、身にまとっているようなイメージ」

 天然の保湿成分を豊富に含むという日本酒。

 この冬を快適に過ごす日本酒グッズはまだまだ注目度があがりそうです。

直近のニュース