めざましじゃんけんWキャンペーン

地下鉄 50代女性 ホーム柵すり抜け飛び込む はねられ搬送 柵設置後"初"の事故 札幌市

2018年1月9日18:55
 1月9日午後、札幌市営地下鉄で50代女性が電車にはねられる人身事故がありました。

 女性は転落防止のホーム柵の横をすり抜け、線路に飛び込みました。

 (サイレン鳴らし走る救急車)

 事故があったのは、札幌市営地下鉄南北線・大通駅です。

 1月9日午後1時15分ごろ、麻生行きホームで、50代女性が転落防止のホーム柵の横から、鉄の柵を乗り越えて線路に飛び込み、停まりかけた電車にはねられました。

 女性は腰と足に痛みを訴え救急搬送されましたが、命に別条はありません。

 この事故で、一時南北線で運転が見合わせとなり、19本が運休、約7300人に影響が出るなどダイヤが乱れました。

 乗客:「麻生駅は混乱していないが、混乱した人が多かった。『いつ復旧するんですか』とか『どこで起きたんですか』とか」

 南北線は、事故から1時間後に運転を再開しました。

 警察が事故原因を調べています。

 札幌市交通局によりますと、人身事故は、2013年の転落防止のホーム柵設置以来、初めてで、安全対策を徹底したいとしています。

直近のニュース