伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

【北海道の天気 6/18(月)】札幌11日ぶりに20度超へ! 低温傾向ようやく解消

2018年6月18日12:30
(佐藤俊和気象予報士が解説)

 6月18日も雲の多い空模様ですが、気温は15℃を超えている所が多く、先週と比べると寒さは緩んでいます。この気温の変化、高気圧の位置がポイントなんです。

 16日までは高気圧がオホーツク海にありました。冷たい北寄りの風が吹いたため気温が上がらず各地で4月から5月並みの寒さとなりました。

 17日になると、高気圧が東の海上へと移動し、しかも形が縦長に伸びてきました。すると北海道には南から暖かい風が吹くためくもっていても寒くないんです。先週から続いていた気温の低さ、ようやく解消となりそうです。

◆18日午後の天気と予想最高気温
 気温です。オホーツク海側と南西部で17日より高くなります。札幌は17日より3℃、岩見沢は6℃高い20℃で、日中は上着がなくても過ごせそうです。

 この後の天気です。道南で日差しがある程度で、各地とも雲が多いでしょう。釧路など、太平洋側の沿岸部では弱い雨が降ったりやんだりとなりそうです。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。19日、20日は日差しがありますが、20日水曜日の夜は札幌や稚内で雨が降り出すでしょう。水曜日の旭川は26℃まで気温が上がり、汗ばむ陽気となりそうです。

 太平洋側です。こちらは19日も雲が多く、弱い雨の降る所がありそうです。その後も木曜日にかけて雨が降りやすい見込みですが、気温は20℃前後で強い冷え込みはないでしょう。

(6/18 午前11時50分時点の予報です)

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNNニュース