発見!タカトシランド

日ハム新球場 北海道庁もプロジェクトチーム始動 渋滞緩和が課題 輸送手段さらに検討へ

2018年4月24日16:55
 北海道北広島市でのボールパーク建設を支援するため、北海道のプロジェクトチームが4月24日、初めての会議を開きました。

 北海道はボールパーク候補地に決まった北広島市の要請を受け、輸送力の強化などに協力することを決めています。

 24日は建設部や経済部など関係する部署で作るプロジェクトチームが、初めての会議を開きました。

 会議のなかで、新球場が税制面で優遇を得られるための検討や、土地の用途変更などを進めていくことが確認されました。

 また、周辺の道路の拡幅や新設だけでは渋滞の緩和ができない可能性もあることから、輸送手段などについて、さらに検討を行うとされました。

 北海道のチームは5月1日北広島市、球団との三者で協議を行うことにしています。

直近のニュース