伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

クマ警戒の中約600人が参加 利尻島一周めざしマラソン大会 北海道・利尻富士町・利尻町

2018年6月3日18:20
 ヒグマのものとみられるフンや足跡が見つかった道北の利尻島で、3日クマへの警戒が続く中、島を一周するマラソン大会が行われまた。

 参加したランナー:「この鈴を腰につけながら走りたいと思います」

 約53.7キロの島を一周する、このマラソン大会には、過去最高の約600人が参加しました。

 今年は大会直前に、利尻島にいないはずのクマの足跡や糞が発見され、クマへの注意が呼び掛けられる中、多くのランナーが、クマよけ用の鈴を身に着け完走を目指しました。

 水上孝一郎記者:「クマの足跡が見つかった海岸付近のチェックポイントです。緊張状態のなか、ランナーたちに水と軽食が渡されています」

 利尻島では5月30日に、クマの足跡や糞が発見されて以降、新たなクマに関する情報はないということです。

直近のニュース