伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

「この日がきたね…」 砂川飲酒ひき逃げ 一家5人死傷から3年 現場には多くの献花が 北海道

2018年6月6日12:07
 北海道砂川市で飲酒運転で暴走した車と衝突し一家5人が死傷した事件から6月6日で3年です。現場には6日も手を合わせる人が訪れています。

 現場を訪れた 小田島数幸さん:「(恵さんに)またこの日がきたね」「(当時同級生の)あの子達が一番悲しい思いをしています」

 6日朝に現場にきたこの男性は、2015年の事件で犠牲になった当時高校生の永桶恵さんの担任だった小田島さんで、毎年手を合わせています。

 この事件は、2015年、砂川市の国道で飲酒運転で暴走した車が一家5人が乗る車に衝突し、恵さんを含む4人が死亡、1人が重傷を負ったものです。

 現場には、6日までに多くの花が手向けられているほか、午後には飲酒運転根絶を願う市民集会が予定されています。

直近のニュース