伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

5年ぶり羽衣の滝を眼前に望む 遊歩道開通で天人峡温泉も復活の道へ 開通記念プランも

2018年6月11日20:48
 土砂崩れで通行止めとなっていた、北海道東川町の「羽衣の滝」につながる遊歩道が6月11日朝、5年ぶりに開通しました。滝の景観が戻ったことで、秘湯・天人峡温泉も復活に向け動き出しました。

 土井若楠記者:「新しく整備された遊歩道を歩くと見えてきました! 羽衣の滝です」

 東京からの観光客:「素晴らしい滝ですね」

 九州からの観光客:「九州にこれだけの水量がある滝はそうないので驚いている」「すごくキレイ。びっくりした」

 天人峡温泉にある「羽衣の滝」。270メートルの高さから流れ落ちる滝は、"北海道一"の落差を誇る人気の観光名所です。

 しかし2013年、滝に通じる遊歩道の入り口近くで大規模な土砂崩れが発生。復旧に向けた工事の最中に…。

 廣岡俊光アナウンサー:「国道がふさがっている、車も巻き込まれている。線路も宙ぶらりん」

 2016年8月、連続台風が東川町を襲います。

 林亮太カメラマン:「天人峡温泉へと続く道路が川に流されているのが確認できます」

 温泉街につながる唯一の道路が、忠別川の増水により陥没。復旧間近だった遊歩道も、開通延期を余儀なくされました。

 観光の目玉を失った5年間で天人峡温泉は、閉鎖するホテルも出るなど、存亡の危機にありました。

 しきしま荘 水野三千恵さん:「滝をご覧になりに来られる方、本当にがっかりされてお帰りになる」

 天然温泉かけ流しの檜風呂が人気のしきしま荘は仕入れ業者を変えたり、値下げプランを打ち出すなど、思い切った手法で危機を凌いできました。

 待ちに待った観光名所の復活。

 しきしま荘は遊歩道開通を記念した特別な宿泊プランを用意して客の受け入れ態勢を整えています。

 しきしま荘 水野三千恵さん:「これを機会にみなさま羽衣の滝にきていただきたいと心から思っています」

 11日午後、開かれた復興セレモニー。5年ぶりに羽衣の滝へとつながる道が開かれました。開通を喜ぶ東川町の松岡町長。

 松岡市朗市長:「久し振りに歩くから感触を忘れちゃいましたね。多くの方に楽しんでいただけるのは嬉しい」

 大塚友記憲さん:「羽衣の滝の融雪水が一番多い時期」

 東川町のツアーガイド大塚友記憲さん。雄大な大雪山の自然を気軽に感じられる場所として羽衣の滝に惚れ込んでいます。

 大塚友記憲さん:「散策レベルで気軽にご覧いただくにはこの遊歩道が欠かせなかった」「一番迫力あるのはこの時期。白い筋がみられるのは7月いっぱいまでは十分みられる」

 東川町は、復興支援として12日から8月10日まで、旭岳温泉と東川の道の駅、そして天人峡温泉を結ぶ無料のシャトルバスを運行する予定です。

直近のニュース