伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

誰が?何のため? JR札幌駅の"アイヌ像の矢" 1本なくなる… 警察が窃盗事件として捜査 札幌市

2018年6月12日19:39
 JR北海道・札幌駅西口のアイヌ像の矢が1本なくなっていることが分かりました。警察が窃盗事件として調べています。現場から古村知華記者の報告です。

 矢が1本なくなっていることが分かったのは、「イランカラプテ像」です。

 像を管理する団体によりますと、この像は2014年、アイヌ語のあいさつを広める道のキャンペーンに合わせて造られました。

 この像の背中にあった矢のうち、1本が無くなっていることが分かりました。いつ無くなったのかは明らかになっていません。

 像を管理する団体は「待ち合わせ場所としてみなさんに親しまれ、アイヌ文化への理解が深まる中で事件が起き、とても悲しい」と話していました。

 警察は窃盗事件として調べています。

直近のニュース