伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

"戦闘機炎上"想定し訓練 消火・救出までの対応を確認 航空自衛隊千歳基地

2018年6月20日11:15
 航空自衛隊千歳基地で6月19日、航空機事故を想定した消火・救出訓練が行われました。

 この訓練は、航空自衛隊千歳基地で定期的に行っているもので、19日はF15戦闘機が離陸中に滑走路を逸脱して炎上したとの想定で行われました。

 機体に見立てた模型に火がつけられ、真っ赤な炎と黒煙に包まれる中、消防車がかけつけ、化学消火剤をかけて火の勢いを弱めます。

 また防護服を着た隊員が機体に近づきパイロットに見立てた人形の救出作業を行いました。

 2018年2月には、米軍三沢基地を離陸した直後のF16戦闘機がエンジン火災をおこし、燃料タンク2本を湖に投棄しています。

 隊員らは事故を想定し迅速な消火や救出へ向け、対応を確認していました。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNNニュース