伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

被害額1億1000万円超 元病院職員52歳男 窃盗で逮捕・送検 コピー機備品転売し借金返済に 札幌市

2018年6月21日12:13
 約1億1000万円もの備品を繰り返し職場から盗んだとして、札幌市豊平区の総合病院の元職員が6月20日までに逮捕・送検されました。

 窃盗の疑いで20日までに逮捕・送検されたのは、札幌市東区に住むKKR札幌医療センターの元事務職員、山田礼二容疑者(52)です。

 山田容疑者は2015年7月からの約3年間で、職場のコピー機のトナーなど約1万2000点を盗んだ疑いが持たれていて、窃盗容疑の一部で既に起訴されています。

 警察などによりますと、山田容疑者は倉庫のカギの合鍵を作り、勤務後に430回も犯行に及んでいました。

 盗んだものを転売し、約2400万円を手にしていたということです。

 警察の調べに「飲食代や借金の返済に使った」と容疑を認めています。

 病院は6月13日付で、山田容疑者を懲戒解雇しています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNNニュース