伝えていこう 北海道内テレビ6局キャンペーン

手稲山で初のトレイルラン 400人余りが32キロと16キロのコースに挑戦 札幌市

2018年6月23日18:10
 札幌の手稲山を走る、札幌テイネトレイルが23日行われました。

 山岳を走る本格的なトレイルランの大会は、札幌では初めてです。

 大会は手稲山のハイランドスキーセンターを発着点に、32キロと16キロの2つのコースで行われ、道内外の400人余りが参加しました。

 32キロのコースは、午前8時三浦雄一郎さんの合図でスタート、スキー場や山道などの舗装のされていない道を下ったり、駆け上がったりしながら、制限時間の7時間以内でゴールを目指します。

 トレイルランは、走りながら緑に囲まれた景色を楽しめるのが魅力で、札幌の様に都市の近くで行われるトレイルランの大会は、全国的にも珍しいということです。

直近のニュース