胆振東部地震関連情報はこちら

住民の不安はいつ解消? クマ出没相次ぐ島牧村 高額な報償費 議会否決でハンターいない… 北海道

2018年9月24日19:22
 先週、北海道島牧村に約1か月ぶりに現れたクマ。しかし、猟友会への報酬が高すぎるとして村議会が予算を否決したことからハンターが出動できない事態となっています。

 ハンター不在のなか村を徘徊し続けるクマ…。住民の不安は解消できるのでしょうか。

 佐藤健カメラマン:「クマです!クマがいます!」

 田中うた乃記者:「クマが船で餌を漁っています」

 約1か月ぶりに島牧村に現れ漁船を荒らしたクマ。住民は今、新たな不安に駆られています。

 島牧村の住民:「クマ出たってパトカーは来るけど、猟友会は誰も来ないしょ。夜だって見回りしないしょ、もう…」

 実は、猟友会への報償費が高すぎるとして村議会が予算案を否決したため出動に「待った」が掛かってしまったのです。

 島牧村では23日、村長が直接住民に、事情を説明しましたが…。

 島牧村の住民:「これからハンターの協力は得られないという考えになるんですか?」

 島牧村 藤沢克村長:「要綱で定めてますから払えない前提で頼むっていうのはいかがなものかと思いますし、頼まれた方も要綱に基づいて支払してくださいと双方となると思います。議会との予算上の問題が、解決したら、猟友会のみなさんにお願いしながら可能な限りクマの捕獲・駆除に向けて対応していきたい」

 23日もクマが出た島牧村。問題は解決していませんが、村ではハンターの出動を要請しました。

 ハンター 大西敏夫さん:「住民からも猟友会にパトロールしてもらうと安心と、銃を持っている責任上、行動しないといけない」

 村では24日夜も住民説明会を開いていますが、クマを巡る混乱はしばらく続きそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン