胆振東部地震関連情報はこちら

キングムー キャンドル灯し"節電"営業中 キャンセル相次ぎ 観光王国大打撃も "道民に元気を"

2018年9月14日19:30
 胆振東部地震の影響で、観光王国・北海道に大きな影響が出ています。15日から3連休ですが、節電の影響も加わり、地震から一週間以上が経っても、回復の見通しは立っていません。

 13日午後7時ごろの札幌中心部の上空から映像。節電のため、テレビ塔やデパートなどの明かりも消え、どこに大通公園があるか、分からないほどです。

 鎌田祐輔記者:「午後7時のススキノです。節電の為ススキノの"象徴"とも言われるニッカの看板のネオンが消えるなど、かつての華やかさはありません」

 歓楽街には節電と物流の影響がハッキリとあらわれています。

 観光客:「店もあかり付けてお客さんを呼び込みたいと思うけどね」

 韓国からの観光客:「残念です。にぎやかな雰囲気を楽しみたかった」

 店の応援に来た人:「海鮮も食べられなかったので、観光的なところも楽しみにしているので、ぜひ早く復興していただければと思います」

 ススキノのカニ料理店。地震から4日後に営業再開にこぎつけたものの、団体客のキャンセルが相次ぎ、客の姿もまばらです。

 北海道かに将軍 菱昭雄店長:「こちらのフロアはメインで使っているので普段はここはびっしりお客さんでにぎわっている。ぱったり止まってしまった。(来店は通常の)1~2割ですね。日を追うごとに増えてきているが、このフロアも使えていない状態なので厳しい状況が続いている」

 そうした中、何とか道民を元気づけようと、営業を再開したお店がありました。

 こちらのクラブでは、入り口などに募金箱を設置しているほか、売上の一部を義援金として被災地に送る考えです。

 店内も照明を減らし、キャンドルを灯すなど、節電にも積極的です。

 キングムー 佐々木隼人代表取締役:「暗いムードになりがちなんですが、何でも元気があればというところもあるので、楽しいことがある日常をお届けできればと思っている」

 市民:「うちは近くも陥没したりあったがそういうのを忘れて、やっとお疲れ会かなというのもあったんです」

 一方、宿泊業への影響も広がっています。

 札幌の奥座敷・定山渓。定山渓観光協会によりますと、9月は紅葉の繁忙期になるはずが、宿泊者のキャンセルが相次ぎ、年内は通常の6割減にあたる2万6000人、3億3000万円の減収が見込まれています。

 「店を開けてもお客さんが来ないので、待ちぼうけな感じがしたので、1人でも"食事困ってたんだ"と喜んでくれるので、頑張る」

 日本旅館協会北海道支部連合会によりますと、北海道全体で観光客は少なくとも50万人減り、その影響額は100億円に達するということです。

 観光客でにぎわう函館山。北海道が誇る夜景はどうなっているのでしょうか。

 節電のため、元町の教会群などのライトアップは中断されていますが、住宅の窓の灯りなど、市民の営みがつくる夜景の光は戻っていました。

 ただ、函館山ロープウェイによると、地震後の利用客はいつもの2~3割まで落ち込んでいるといいます。

 青森からの観光客:「節電で電気ついていないところがあると聞いてきたが、それでもたくさん光っていてとてもきれいでした」

 仙台の観光客オン:「北海道の皆さんが苦しんでいて(観光に来ることは)複雑だったが、自分たちが少しでも観光することで、今は元気なんだよと帰ってみなさんに伝えたい」

 一方、函館市でも宿泊客のキャンセルは相次いでいます。
湯の川温泉のホテルや旅館でつくる組合によりますと、9月、10月の2か月で1万5000人分の予約が取り消され、影響額は3億円以上に達するといいます。

 函館湯の川温泉旅館協同組合 大桃誠副理事長:「函館は大きな客船が入るので、客船が寄港した際の昼食や入浴を積極的にPRしていきたい」

 湯の川温泉の組合では、日帰り入浴やクリスマスに向けたカップル向けのプランを提案するなどして巻き返したいとしています。

 一方、開催を見合わせていた札幌のオータムフェストは15日から始まります。

 全道的に節電対策が求められているとして、会場で使用される電気はすべて自家発電でまかなわれます。

 また、平日は正午から午後7時30分までと通常より3時間短縮しての開催となります。

 オータムフェスト出店者:「おいしいものを食べて、元気づけてください。また、前を向いて頑張ってほしい」

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン