みんなのテレビ

【北海道の天気 11/9(金)】秋に終わりを告げる嵐。来週はいよいよ"初雪ウィーク"

2018年11月9日19:47
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

◆警報
 現在、苫小牧市、室蘭市、登別市、白老町、天売焼尻に暴風警報。午後9時くらいまで警戒を続けてください。


◆降水量
 胆振地方に集中して大雨になっていて、登別市カルルス、白老町森野で100ミリを超えています。
 このあともまだ雨が続きそうで、多いところでは80ミリ。オロフレ峠などで集中的に多くなりそうです。
 厚真町、むかわ町、安平町では10ミリ以下ですが、降り方次第では気を付けてください。
 明日の夕方にかけては道東でも天気が崩れそうです。


◆大荒れの原因
 今、天気を崩しているのは低気圧。あすの朝にかけて北海道を東へと通過していきます。
 活発な積乱雲を伴っていて、今夜からあすの明け方がピーク。
 雨だけではなくて竜巻、落雷、ひょうの恐れもあります。短い時間に集中して降るので、土砂災害や河川の増水に警戒を。そして、夜の災害は大きくなるので避難場所や防災情報をチェック、落雷による停電にも気を付けてください。

 低気圧が過ぎると風向きが変わり、北西の風に変わっていくので、北海道はどんどん冷やされていきます。その寒気は"冬将軍"。13日~14日にかけて来週は初雪になってもおかしくない。そしてこの時期の雪は積もってもおかしくないのでタイヤの装備、除雪のスコップなど準備などしてください。

◆今後の見通し
 日曜日~月曜日、寒気がじわじわ入って来るので日本海側で時雨れて、にわか雨。峠や山間部は雪になってきます。
そして来週はいよいよ初雪ウィーク。どこで降ってもおかしくない。

 風向きが変わって来るので、オホーツク海側、稚内、旭川、状況次第では札幌。一番可能性が高いのは、火曜日の夜から水曜日にかけてとなりそうです。

◆週間予報
 日曜日~月曜日、日本海側を中心にぐずつきそう。そして"雪マーク"が週間予報に初めて登場しました。北見は水曜日に雪マークです。積雪の可能性があります。傘マークのところでも雪が混じってもおかしくありません。太平洋側、道東では雪は降りにくいものの、朝晩は凍結します。峠を超える方は冬タイヤに交換してください。

◆訂正
 冬将軍の到来は、13日(火)~14日(水)の間違いです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン