みんなのテレビ

水道管の濁り解消 札幌北区の漏水問題 地下に空洞が…復旧工事終了

2019年1月11日19:02
 札幌市北区で水道管から水が漏れ地中に空洞ができた問題で札幌市は11日未明から復旧工事を行い、夕方に約30000世帯で水が濁る恐れがあるとして注意を呼び掛けましたが、水道管内の濁りは全て解消されました。

 水道管からの水漏れが確認されたのは、札幌北区新琴似7条7丁目の道道樽川篠路線の地下です。

 札幌市は11日未明から復旧工事を行い、地下にできた空洞を埋める作業を行いました。市では、この工事により水が濁る恐れがあるとして水道の使用を控えるよう注意を呼び掛けました。

 住人:「4時半くらいに(水を)出した。なんでもなかった。昨日の晩に少しだけはとっておいた。濁るって言ってたから」

 「この前詰めたところ痛くないです?」「今、水が濁る可能性があるから口をゆすぐときはきれいな水使ってもらいますから」

 こちらの歯科医院では、患者の口をゆすぐために、ミネラルウォーターなどを確保しましたが、水を使う機械などは使用を控えました。

 歯科医:「目でみてきれいであればいいのか、それとも水道局の方から大丈夫ですよって連絡がくるのかわからないのでそういうのをはっきりして頂きたい」

 市は消火栓から水を抜く作業を続け、水道管内の濁りは全て解消しました。

 夕方には工事も終了し、交通規制は解除されました。市では、近くにある流雪溝の使用を優先するため、漏水の原因調査は春以降に行うとしています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン