みんなのテレビ

保育所でノロウイルス集団感染 13人発症し2人入院 旭川市保健所管内で今年初 北海道

2019年1月11日19:08
 旭川市保健所管内の保育所で、乳幼児13人がノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症し2人が入院していることがわかりました。

 旭川市保健所によりますと、ノロウイルスによる集団感染が発生したのは旭川市内の保育所で、7日から10日にかけて、0歳から2歳までの13人の乳幼児がおう吐や下痢などの症状を訴えました。

 医療機関を受診した11人のうち2人の便からノロウイルスが検出され11日、保育所から保健所に通報がありました。

 発症した13人のうち2人は脱水や高熱の症状があるため入院治療をしていて、その他の一部は回復に向かっているということです。

 旭川市保健所管内でのノロウイルスによる集団感染は今年に入って初めてで、保健所では発症者が集中する3月にかけて手洗いの徹底など注意を呼びかけています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン