北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

地下街で停電・火災が発生したら…消防訓練に200人参加 避難の手順を確認 札幌市

社会

 札幌の地下街で23日、大地震により停電や火災が起きたとの想定で消防訓練が行われました。

 この訓練は石狩湾を震源とする震度6強の地震が起き、地下街全域で停電し、火災も起きて負傷者が出たとの想定で行われました。

 警察・消防立ち合いのもと、地下街で働く従業員ら約200人が訓練に参加しました。

 訓練では、消火器を使っての初期消火や負傷者を担架に乗せたり客を安全に避難させたりする手順を確認しました。

 2018年9月に胆振東部地震が起きただけに、みな真剣な表情で訓練に取り組んでいました。

みんテレ