北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

札幌開催は決定事項? 五輪マラソン 小池知事は反発「都は負担しない」 IOC調整委まもなく協議

社会 道内経済

 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌市で行う案などを巡り、IOC=国際オリンピック委員会と東京都、大会組織委員会などによる協議がまもなくはじまります。会場近くから木村洋太記者が報告です。

 東京都中央区のこちらのビル、大会組織委員会の入るフロアでは、この後午後4時から協議が始まります。

 報道関係者も多く集まり今回の競技への注目の高さがうかがえます。

 札幌開催を巡ってIOCコーツ委員長、森会長、小池知事らによるトップ会談が行われますが、小池知事は30日朝次のように述べています。

 小池東京都知事:「東京都としてやっぱり東京がいいです、ということを伝える役目でなので、しっかりそういう気持ちで取り組んでいきたい」

 IOCは暑さ対策のため札幌開催を「決定事項」としていますが、小池知事は、突然の変更は納得できないとしていて、札幌に変更した場合費用については「都は負担しない」と明言するなど反発を強めています。

 今回の協議の中でも東京開催を主張する姿勢は崩さないものとみられます。

 協議は3日間行われ、最終日の1日にはコーツ委員長と森会長などが会見する予定です。


 (Q 札幌開催について現場は一刻も早い決定を望んでいますが、札幌開催はもちろんコースや費用など、さまざまなことまで決まるのでしょうか?)

 小池知事の反発はあるものの、札幌開催については覆ることはなさそうです。

 協議の焦点は既に費用の負担やコース選定などに移っていて、費用については東京都が負担を拒否する中、IOCが負担するという話も出ていますが、詳しい中身についてはわかっていません。

 またコースについてもIOCの札幌ドーム案に対し、大会組織委員会は大通公園案を示すなど複数の案が出ています。

 いずれにしても大会まで9か月を切る中時間は残されておらず、最終的にはコーツ委員長、森会長、橋本聖子東京オリンピック担当大臣、小池知事の4者によるトップ会談で案をまとめていくものとみられています。

 また札幌市も、決着を待たず組織委員会と接触するなど準備を加速させています。

みんテレ