北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

バレーボール"ヴォレアス北海道" 最下位ガロンズに3―1 サーブレシーブミス連発で首位決戦に課題

社会

ガロンズの猛攻を抑える田城選手と戸田選手のブロック=第2セット(2020年2月23日、提供・ヴォレアス北海道)

 バレーボールV2男子2位のヴォレアス北海道が2020年2月23日、東京の稲城市総合体育館で最下位の長野ガロンズと対戦し、3―1で勝利しました。次戦はホーム・帯広市で首位の富士通カワサキレッドスピリッツに挑みます。

 ヴォレアスは、第1セットから猛攻を仕掛け、2セット連取します。迎えた第3セット、サーブレシーブの乱れをガロンズにつかれ、落としますが、第4セットで修正。佐々木博秋選手のブロックを起点に波に乗り、3―1で勝利しました。

 試合後、エド・クライン監督は「思うような試合運びができなかった。戦術を含めしっかりと準備したい」とコメントしています。

 ヴォレアスは勝ち星は19とし、順位は変わらず2位。29日は、1位富士通との首位決戦に臨みます。

みんテレ