北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

マラソンと競歩 "札幌開催"決定するか? 東京五輪 まもなく最後のトップ会談

エンタメ・スポーツ 社会 道内経済

 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催する案を巡り、IOCのコーツ調整委員長や小池都知事などを交えた最後となるトップ会談が正午からおこなわれます。

(会場前から木村洋太記者が報告)

 東京都中央区の大会組織委員会の入るビルでは、このあと正午からIOCのコーツ委員長、小池都知事・組織委員会の森会長・橋本聖子担当大臣による4者協議が行われます。

 札幌移転に反対する小池知事が最終的にIOCの決定に従うのか注目を集めていて、海外も含めた報道陣約150人が集まっています。

 30日から1日未明まで続いた事務協議では、札幌移転に伴う費用の問題など、より細かな議論が交わされたとみられています。

 そうした話し合いの結果を踏まえ、1日の最終協議ではIOCが主張する札幌開催案で合意に至る可能性が極めて高いとみられています。

 午後2時30分からは森会長らによる会見が開かれますが、「札幌開催決定」となれば今後の焦点は費用の問題やコースの選定など、より細かな話に移っていくことになります。

みんテレ