北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

スタート地点 大通公園の6~8丁目案も 五輪マラソン 選手の待機場所設置で 札幌市

エンタメ・スポーツ 社会

 札幌で開催される東京オリンピックのマラソンと競歩で、スタート地点を大通公園の6丁目から8丁目の間に設定する案が検討されていることが分かりました。

 2020年、札幌で開催されることが正式に決まった東京オリンピックのマラソンと競歩は、北海道マラソンのコースを軸にコースの設定が進められています。

 北海道マラソンでは、大通3丁目と4丁目の間の札幌駅前通を南側に向けスタートしています。

 関係者によりますと、駅前通では選手の控室や待機場所の設置が難しいことから、大通公園6丁目から8丁目の間をスタート地点とし、東西どちらかの方向にスタートする案を検討しているということです。

 組織委員会などでは、12月初めのIOCの会議までにコースを決めることにしていて、調整が進んでいます。

みんテレ