北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

札幌市消防局ヘリ水没 台風19号の影響で点検中の格納庫が浸水 北海道

社会

 関東地方を中心に大きな被害が出た台風19号の影響で、埼玉県で点検を受けていた札幌市消防局のヘリコプターが浸水で損傷し、使用できない状態となったことが分かりました。

 浸水被害を受けたのは、札幌市消防局のヘリコプター「さっぽろ1」です。

 さっぽろ1は点検のため、埼玉県川越市の整備工場に預けられていましたが、10月13日、台風19号の影響で工場から約100メートルの越辺川(おっぺがわ)が氾濫し、格納庫に泥水が流れこみました。

 工場内は2メートルほど浸水し、さっぽろ1はコックピット内の電子部品などが水没し、使用できない状態になったということです。

 札幌市消防局は、2機体制でヘリコプターを運航してきましたが、当面は1機のみで運航するということです。

みんテレ