北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「すごく子煩悩」なパパが…スノボ元代表国母容疑者逮捕 近所の住民に衝撃広がる 北海道

事件・事故

 北海道出身でオリンピックの元日本代表、現在はプロ・スノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省・麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかりました。

 バンクーバーオリンピックのスノーボードハーフパイプ日本代表でプロ・スノーボーダーの国母和宏容疑者は2018年、アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いがもたれていて、6日午前、東京都千代田区の厚労省麻薬取締部に出頭し、逮捕されました。

 国母容疑者は石狩市出身で、現在は千歳市に住んでいますが、バンクーバーオリンピックに出場した際、公式服の着こなしや会見での受け答えなどが問題となり厳しい批判を受けました。

 その後、USオープンで日本人で初めて優勝し、現在は雪山を滑り降りる様子を映像化し配信するプロスノーボーダーとして活躍していました。

 土井若楠記者:「近所の人によると、国母容疑者は子どもと一緒に地域の行事に積極的に参加していたということです。驚きの声が多く聞こえた」

 近所の人:「すごく子煩悩。物腰柔らかい人。驚いた。よく子どもと一緒に散歩しているのを見かけた」「子どもがよく一緒に遊んでもらった。ハロウィーンの時には下のお子さんを抱っこして参加していた。びっくり」

みんテレ