北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

ベトナム人留学生に長時間労働 日本語学校の経営者ら5人逮捕 給与は学費に? 北海道

事件・事故

 北海道旭川市の日本語学校に通うベトナム人留学生2人に違法に長時間労働させたとして、実質経営者の男ら5人が逮捕されました。

 逮捕されたのは、旭川日本語学校の実質的な経営者・中沢和彦容疑者(59)ら5人です。

 中沢容疑者らは2019年4月から6月にかけて20代と30代のベトナム人男子留学生2人を、アルバイトとして旭川市内の弁当工場と関連会社である苫小牧市の産業廃棄物処理場で違法に長時間働かせた疑いが持たれています。

 留学生は基本的に週に28時間までしか働けないことが法律で決まっています。

 中沢容疑者らは留学生を車で送迎し、給与は学費などに当てられていたとみられています。

 道警は、5人の認否を明らかにしていません。

 道警は、中沢容疑者らが他の留学生にも長時間労働させていたとみて余罪を調べています。

みんテレ