北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

発着点に"円山公園"案も コース選定へ札幌市内視察 大会経費は組織委とIOCが負担

エンタメ・スポーツ 社会

 東京オリンピックのマラソン・競歩の札幌開催に向けて、組織委員会の武藤事務総長は8日、北海道マラソンのコースのほか、札幌ドームなどを視察しました。

 8日午前に行われた組織委員会と北海道、札幌市の実務者による初めての協議。

 このなかで発着点については大通公園のほか、札幌ドーム、円山公園の3つの案が出され、12月3日からのIOC理事会に向けて議論されます。

 組織委員会の武藤事務総長は午後、大通公園などを視察しました。

 組織委員会 武藤敏郎事務総長:「夏の時期、地元にとって重要なイベントがあるので、どのように調整できるのかが大きな課題が残されている」

 一方、大会経費は組織委員会とIOCが負担する一方、道と市は道路整備などの費用を負担する方向です。

みんテレ