北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

冬の嵐に警戒を あさってまで日本海側で暴風雪や高波に 多い所で70センチの積雪も 北海道

社会

 北海道内は14日夕方から日本海側の地方を中心に暴風雪となる見込みです。

 交通障害や高波などに警戒が必要です。

 寒冷前線の通過に伴い、北海道上空には真冬並みの寒気が入り16日にかけて強い冬型の気圧配置が続きます。

 このため、14日夕方から16日にかけて日本海側の地方を中心に暴風雪となり、海は大しけとなる見込みです。

 気象台によりますと、最大瞬間風速35メートルの風が吹く予想で、雪の降る量は15日の朝までに多い所では50センチから70センチとみられています。

 見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波などに警戒してください。

 暴風雪に備え、室蘭市や苫小牧市の小中学校など35校が臨時休校となっています。

みんテレ