北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

発着点は"大通公園"を軸に マラソン・競歩の札幌開催 組織委「同じ場所で発着」必要

エンタメ・スポーツ 社会

 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催することについて、大会組織委員会の武藤事務総長は15日の会見で大通公園を発着場所とする案が軸になるという姿勢を示しました。

 大会組織委員会 武藤敏郎事務総長:「マラソンと競歩は同じ場所で発着しなければいけない。"大通"はできると思うがまだまだ課題が残されている」

 大会組織委員会の武藤事務総長は、発着場所について札幌ドームと円山公園は傾斜があるため競歩に向かず、二重投資を避けるためには大通公園案が軸になるとの姿勢を示しました。

 来週月曜日の2回目の実務者協議で会場の方向性を出したいとした上で、調整の難しさもにじませました。

 大会組織委員会 武藤敏郎事務総長:「(地元の)理解が得られないと決定にはいたらない。そう簡単に短時間で決まることでもない」

 発着場所は、12月3日からのIOCの理事会で決定する見込みです。

みんテレ