北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

大通公園発着で"中心部2周"案を議論 五輪マラソン実務者協議 男子は大会最終日に

エンタメ・スポーツ 社会

 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催に向けた2回目の実務者協議が札幌で行われ、マラソンについては大通公園を発着点に市内中心部を2周するコース案などについて議論されています。

 午前9時30分から始まった大会組織委員会と道、札幌市の担当者が集まった2回目の実務者協議。

 マラソンについて、組織委員会から大通公園を発着点とし市内中心部約20キロを2周する案が示され、議論されています。

 また競歩についても札幌駅前通を周回する案について話し合うほか、日程については男子マラソンを最終日の8月9日に行うなど当初の計画通りの案で調整が進められています。

 3者は12月4日のIOC理事会までに発着点や日程について了承を得たい考えです。

みんテレ