北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【北海道の天気 11/19(火)】日本海側で大荒れに 沿岸部は猛吹雪 札幌はあす朝雪景色に

天気

 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 札幌は晴れていますが、一部で風が強まっているところがあります。午後は日本海側で猛吹雪に警戒が必要です。

◆19日午後の天気と予想気温時間
 道央と道南です。石狩市はあすの昼前にかけて猛吹雪に警戒をしてください。札幌は夜から雪が降り出し、あすの朝にはうっすら雪が積もる可能性があります。

 道北とオホーツク海側です。日中は湿った雪が降り、夜はサラサラの雪に変わります。猛吹雪のピークは今夜からあす朝にかけてです。オホーツク海側は晴れる所が多いでしょう。

 太平洋側です。午後はどんどん気温が下がり、寒くなりそうです。夜は、室蘭や浦河で雪が降りやすくなります。

◆あす朝にかけて予想される雪の量
 上川北部が雪の中心です。あす朝までで最大30センチを予想しています。札幌は南区を中心に最大10センチ。中心部は1~5センチを予想しています。

◆警戒ポイント
 沿岸部はホワイトアウトや吹き溜まりに警戒をしてください。また、日中は湿った雪のため、着雪による停電にも注意が必要です。雪は夜からあす朝に特に強まりそうです。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは知床半島で暴風雪の恐れがあります。また、札幌も通勤通学の時間帯は雪が強まりそうです。週末は天気がは回復します。

 太平洋側です。あすまでは西部を中心に雪が降りやすいでしょう。木曜日以降は日差しが届き、週末は各地で気温が10℃を超えそうです。

みんテレ