北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

相次ぐ"あおり運転"を想定 北海道警の鑑識競技会 若手警察官が証拠採取のスピード・正確さ競う

社会

 あおり運転に伴う暴行事件などが相次ぐなか、20日北海道函館市で、警察官による現場鑑識の技術を競う競技会が開かれました。

 この競技会は「あおり運転」による暴行事件などが全国で相次いでいることを受け、北海道警・函館方面本部があおり運転の事件現場の鑑識を想定し開いたものです。

 競技では、若手警察官が制限時間内に被害状況を聞き出し、鑑識が被害者の車から犯人の指紋などの証拠を採取する正確さやスピードを競い合いました。

 道警函館方面本部 鑑識課 園部正博次席:「鑑識技術の向上が目的。証拠資料を採取する重要性を改めて認識してほしい」

 北海道警は競技会を通し、迅速な事件解決につなげたいとしています。

みんテレ